So-net無料ブログ作成

【乗り鉄】青春18きっぷ 修行の旅 後半 [その他]

本稿は8月14日に乗り鉄した際の日記(後半)。

第4走車

改札が開き、会津川口駅構内に停車中のキハ40へ。
20190814_1216.JPG

20190814_1222.JPG
この車両は2+1の変則ボックスシート。
景色が良いと思われる一人掛けへ。
出発までの時間、車両の写真を撮るためにホームへ戻る。

20190814_1218.JPG
キハ40 2021 さっきの新潟色と車番が一番違い。

20190814_1219.JPG
キハ40 534+キハ40 2021(乗)(仙コリ)

自分の他にも撮影してる人がいたが、お母さんと小学生くらいの女の子が、
スマートフォンで、交代交代キハと撮影していたので、一緒に撮ってあげたら、
スゴく喜ばれ、自分も嬉しかった。
キハとの写真、良い思い出になってくれるはず。

この列車での、一番の楽しみは只見第一橋梁。会津を出て緊張が走る。
そして・・・あっというまに通過。窓下を覗くと紫色の橋梁が少し見えた。
それでも、絶景のひとつだ。個人的には、鉄塔下俯瞰のほうが・・・

会津坂下辺りからは田んぼも広がり景色も一変。お客さんも増えだした。
さらに市街地の景色になると、間もなく終点の会津若松だ。

第5走車

20190814_1429.JPG
キハ47 519(乗)+キハ47 1519

会津若松では降りたホームの反対に新津行きがすでに停車中。
結構人が乗っているのが見える。
すでに空いているボックス席はなく、若い男性と相席に。
走り出すと喜多方までは、只見線での頑張って力行(りきこう)という感じから、
うってかわって、ジョイント音も軽く、快走。

この路線の見所は、森と阿賀野川のコラボレーション。
時折見える阿賀野川は雄大で森との緑の一体感がとてもキレイだった。
時折しか見えないけど・・・

20190814_1606.JPG
窓枠は白Hゴム

20190814_1607.JPG
途中津川駅にて

只見線もそうであったが夏場は、草木が茂って、景色の広がりが今ひとつ悪いかな。
ラストスパートが近づいたほうが、阿賀野川はよく見えたような気がする。

そして、新津に到着。ボロキハの旅はここで終了。
昔は非冷房車で窓全開で風が心地良かった記憶があるが、今は、トンネルや標高の
高いところ以外は窓を開けても熱風しか来ないんだろうな。

第6走車
新津からは、信越本線唯一の115系運用である快速 新井行き。
国鉄三昧の最後にふさわしい。やって来たのはキムワイプこと2次新潟色。
新潟は相変わらず115系だらけなのでは?という錯覚に陥る。しかしこの色もあと2編成とか。
20190814_1802.JPG
115系 N-33編成 新ニイ 新潟色
Tc115 1230+M'114 1189+Mc115 1083(乗)

新津は途中駅のため、最悪立ちも覚悟したが、ボックス席の4人めで何とか座れた。
4人で座っていると113系に当たり前のように乗っていた頃を思い出す。
長岡までは米どころらしい田んぼの景色が広がる。MT55サウンドが心地よい。
長岡で国鉄型車両の旅も終了。

第7走車
長岡からはE127系。
日も暮れ始め、電車に乗ると一足早く都会に戻って来たような感覚。
まだ、新潟県だけど…汗;;;

国鉄型車両が当たり前の日常もあとわずか。
乗り鉄してた頃を思い出し、ちょっと懐かしかった。

撮りも良いけど、たまには乗りも良い。
越後湯沢に着いたのは20時すぎ。さぁここから車で帰宅(苦笑)



今日はこれにて撤収。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

【乗り鉄】青春18きっぷ 修行の旅 [その他]

本稿は8月14日に乗り鉄した際の日記。

そのむかし、18きっパー&周遊族だった自分は、日本全国を乗り鉄したものだった。

新潟地区の国鉄型車両が絶滅の危機にあるというので、何十年ぶり?
青春18きっぷで修行の旅(乗り鉄)に出ることに。

歳が歳なので、流石に5日間の修業は無理がある。
ということで日帰り弾丸修行を敢行。

今回のルートは越後湯沢を起点に戻ってくるというもの。赤字が国鉄型。
1.越後湯沢→小出(上越線) E129系
2.小出→只見(只見線) キハ40系40形
3.只見→会津川口(只見線代行バス) 日野リエッセⅡ
4.会津川口→会津若松(只見線) キハ40系40形
5.会津若松→新津(磐越西線) キハ40系47形
6.新津→長岡(信越本線) 115系
7.長岡→越後湯沢(上越線) E129系

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

第0走者 切符の購入
 さて、修行に出ると思い立ったものの切符をどうするか?
 1.普通乗車券 2.普通乗車券+フリー切符 3.青春18きっぷ

 コスパは3.の18きっぷが良いのは分かっているが5日分はいらない。
 掲示板等の売買が、最も額面(2350円/1日分)に近い額で買えるが時間がない。
 ということで、割高ではあるが、確実に入手できる金券ショップで購入することに。
 修行のためのお布施は、4000円也(時期が早いだけに、結構強気な金額)
20190814_0000.JPG

第1走者 越後湯沢→小出(上越線) E129系
 すっかり、水上以北の上越線の顔であるE129系。
 車内は明るい色で、とてもキレイ。 もはや、国鉄など微塵も感じない。
 セミクロスシートが修行に出かける気分を盛り上げる。
 自動放送を聞いていると、通勤している気分になるのが玉に瑕か。
 窓に広がる景色は上越線そのものだが。
20190814_0626.JPG

第2走者 小出→只見(只見線)
 ここからは、何度も撮影では訪れているが、実際に乗車するのは初めて。
 小出駅に着くと、いつもの長岡常駐車ではなく、
 キハ40 2020(旧新潟色)+47 518(新新潟色)のコンビが停車中。
20190814_0747.JPG 
 小出を出ると、なんとオルゴール付(しかも長め)のアナウンス。
 うわぁ~懐かしい。出発早々、乗り鉄だった頃を思い出す。
 今回の修行では、オルゴールはこの列車のみ。
 車掌さんによるのかな???
 ボックス席は平均2人程度で全部埋まっていて、ロングシートに座る人も。
 夏休みなので、親子や家族はもちろんのこと、
 小学生の兄弟かな?子供だけの乗客も。(車内改札の会話から推定)
 大白川~只見は30分。しかしトンネルの時間が長く、風景見るなら車のほうが良いか。
 只見駅での乗り換え時間は10分。その間に1枚。
20190814_0919.JPG

第3走車 只見→会津川口
 (只見線代行バス) 日野リエッセⅡ
20190814_0920.JPG
 ここからは不通区間の代行バス。
 バスは最新の日野リエッセⅡ(トヨタ コースターのOEM車)
 自分は不通区間の撮影をしたことがないので、車でも通ったことがない。
 車窓に広がる景色は新鮮だ。所々で、只見線が見えるのだが、
 橋梁の線路が流出したままのところもあったが、復旧工事も行われているようであった。
20190814_0936.JPG
 女性ドライバー&新車のおかげか50分間乗車していたが、
 マイクロバスの割には乗り心地が良かったと感じた。

第3.5走者 会津川口→道の駅かねやま→会津川口
 会津川口では約2時間の待ち時間。
 ここで昼食を取ることに。
 歩き始めると駅のロータリーで携帯を拾ってしまった・・・
 近くの駐在所のお巡りさんは不在・・・orz
 ロックがかかっていなかったので、ご家族の方へ連絡し、
 ご本人に取りに来てもらえたので良かった。

 事前の下調べでは駅前に食堂があるのだが、
 この時期お盆休みの予感が見事的中。
 次善の策として、ここから約3km離れたところにある道の駅へ行くことに。
 都合のいいことに駅には、レンタ電チャリが。
 いやぁ~最近の電チャリはアシスト力もあって楽ちん。
 おじさんでもあっという間に到着。
20190814_1124.JPG
 食堂の開店まで待つこと数分。
 会津へ来たら、定番のソースかつ丼。
20190814_1111.JPG
 ソース好きには、たまらん逸品。美味しく完食。
 再び駅に戻り待合室で、改札が始まるのを待つことに。

後半へ続く
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

【キハ40系】日本の風景を行くキハ40 #20 [磐越西線]

急行色コンビを期待しての出撃。

その結果は

20190914_04.JPG
2019.09.14 磐越西線 喜多方~山都 224D 新潟色
普通 会津若松行 (新ニツ キハ47 1512+キハ47 519)

新潟色に差し替えorz
まぁ撮影する前から、ツイッターには情報あがってはいたけれど


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

現地に着くと霧が出ていたので、一発めは急遽、撮影地を変更したのだが…

20190914_01.JPG
2019.09.14 磐越西線 荻野~尾登 220D 東北地域色
普通 会津若松行 (仙コリ キハ40 2021+キハ40 534)

晴れちゃった・・・
朝霧の景色を期待したのだが

続いて、今日のメイン撮影地へ移動。
ここでの一発め

20190914_03.JPG
2019.09.14 磐越西線 喜多方~山都 222D 新潟色
普通 会津若松行 (新ニツ キハ47 511+キハ47 1513)

そばの花には、まだ日が廻らないので、かぶり付いて

次はそばの花が大きく入るように構えるのだが、なかなか影が抜けない。

かろうじて、抜けて撮影したのがメイン。

次は後追いになるが、留まることに。
更にサイドがちに

20190914_05.JPG
2019.09.14 磐越西線 山都~喜多方 227D 新潟色
普通 新津行 (新ニツ キハ47 1513+キハ47 511)

この普通列車、ものすごい鈍足なので、追いかけてみる。
手っ取り早く、いつもの豊実。
水鏡はなく、青空だったので空を入れた構図で。

あがの後追いから

20190914_06.JPG
2019.09.14 磐越西線 徳沢~豊実 3222D
快速 「あがの」 会津若松行 (新ニツ キハ110 224+217+135) 後追い

そして

20190914_07.JPG
2019.09.14 磐越西線 豊実~徳沢 227D 新潟色
普通 新津行 (新ニツ キハ47 1513+キハ47 511)

ここで、磐もの間合い運用

その前に

20190914_08.JPG
2019.09.14 磐越西線 上野尻~徳沢 228D
普通 会津若松行 (新ニツ キハ110 201+204+223)

続いて磐もの。

20190914_09.JPG
2019.09.14 磐越西線 上野尻~徳沢 9226レ C58 180+12系ばんえつ物語7B
快速「SLばんえつ物語」 会津若松行(新津+新ニイ)

あら、意外に光線も煙の風向きも良い感じ。
も少し煙あっても良いかな。

再び、キハ運用へ。

20190914_10.JPG
2019.09.14 磐越西線 野沢~上野尻 232D 首都圏色+新新潟色
普通 会津若松行 (新ニツ キハ47 515+キハ47 517)

稲穂が残っていたので、絡めて。
最後は、何気に初めての日出谷鉄橋

20190914_11.JPG
2019.09.14 磐越西線 鹿瀬~日出谷 233D 新新潟色+首都圏色
普通 新津行 (新ニツ キハ47 517+キハ47 515)

思ってたより側面に日が廻らず。
せっかくなので磐ものも

20190914_12.JPG
2019.09.14 磐越西線 鹿瀬~日出谷 9233レ C58 180+12系ばんえつ物語7B
快速「SLばんえつ物語」 新津行(新津+新ニイ)

日は射さないが、何とか撮影。
キハ三昧の一日だった。

今日はこれにて撤収。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

【DE10】 常陸大子工臨 [水郡線]

週末にチキ工臨があるとのことで水郡線へ出撃。
メインはこちら

20190907_4.JPG
2019.09.07 水郡線 常陸大子~袋田 工9891レ
常陸大子工臨 常陸大子行 (DE10 1685 高+チチキチ 千マリ)

デーテン工臨が足取りも軽く駆け抜けてって速すぎ。

この工臨順光になる場所が少ないので混んでると思いきや
40分前に着くも誰もいない。
ウヤか?とも思ったが、もう一人やって来てちょっと安心。

基本晴れているのだが、雲優勢。
画角全体に日が差し込むのは、ほとんどない。
バックの山が陰ってしまったが、それでも、ここまで
日があたってくれれば、来た甲斐があったというもの。
しかも、週末の工臨はありがたい。

この後、鹿島貨物へ行ったのだが、お日様は雲の中へ。
よって、非掲載。

今日はこれにて撤収。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog